篠原俊治選手、心筋梗塞で逝去

山陽所属の篠原俊治選手(52)は、5月31日からの伊勢崎一般戦に参加していましたが、6月1日、伊勢崎の選手宿舎で心筋梗塞の発作を起こし、搬送先の病院で亡くなられたそうです。
初日の昨日は、第1Rに出走し2着に入線していました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする